株式会社 吉田組

株式会社吉田組の注文住宅 夏涼しく冬温かい『外断熱のすまい』/安心・安全な『すまいの耐震化』

健康志向の住まいづくり

健康志向の商品紹介

施工例

お問い合わせ・資料請求

HOME»  外断熱のこだわり

外断熱のこだわり

完全外断熱による健康志向のすまいづくり

 

完全外断熱

一番のセールスポイントは、「木造外断熱工法」にあります。

家中温度差が少なく、結露も起きにくい。また構造体が断熱ラインの内側で保護されるため、建物の劣化を防ぎ長持ちします。この特性を最大限発揮できるよう、施工面で工夫改良を重ね、現時点では国内でも最高レベルの性能を誇っています。

全棟気密測定を行い、カタログや商談などの性能説明だけでなく実際のお客様のお家の気密を測定しご確認して頂いております。しかも、常にトップクラスの性能を誇っています。

気密へのこだわりは、断熱の欠損の少なさにも相通ずる要素があります。断熱性能が高いと称されるメーカーでも、気密性能を尋ねるとよくC値2.0~3.0といった水準のものが多くみられます。この数字は建物にかなりの隙間があることを意味していて、隙間=断熱の欠損に他なりません。ちなみに2001年の平均はC値=0.25cm2/m2です。

 

Goodhouseの気密は、No.1

2002年1月の気密測定でC値=0.06cm2/m2の当社新記録を測定しました。その後も各物件高いレベルの気密を記録。

 

究極の快適性

究極の快適性とは、家中の温度湿度が、適度で、かつ一定な状態に保たれることにあると考えます。

このような状態をつくるには、外断熱で、C値1.0以下の性能+計画された換気が必要条件となります。
ただ何センチの断熱をすればよいとか、外側に断熱材を張ればよいといった程度の施工ではできませんし、同じ高性能の住宅であっても住まわれる方の使い方次第(認識)でも、違ってきます。

実際にお住まいになられたお客様からは、「肩こりがなくなった。」「花粉症が改善した。」「加湿器が不要になった。」「結露がない。」といったご感想が寄せられています。

 

構造強度

木造の外断熱在来工法が当社のこだわりです。
これに外壁にはDボードという、無機質で耐火性と構造強度を合わせ持ったボードを全面に貼ります。

これによって在来工法と2×4の強度を合わせ持った構造となり、通常では品確法(住宅新法)の性能表示で構造の最高級以上のレベルとなります。

現在、豊川市で施工中の物件は、品確法の性能評価対象で構造は、3等級(最高等級)です。

 

お問い合わせ

ご質問・資料請求などお気軽にご相談ください